らんのものおき

翻訳とか、映画の感想とか、日記とか、その他思ったこととか。

Mozart, l’opéra rock 第ニ幕(台詞部分のみ和訳)

※これは2010年版収録映像の字幕を訳したものです。その他のバージョンとは台詞が異なる場合があります。

 

【開幕・ザルツブルク
(レオポルト)
本当に出て行くのか?

(モーツァルト)
ああ、父さん。ウィーンでなら僕はやっと音楽家達の中で暮らしていける。サロンで演奏したり、宮廷で作曲をしたり!

(レオポルト)
ヴォルフガング、お前は一人じゃ何もできない。
コロレドの言う通り皇帝の戴冠式に出席しろ。忘れるんじゃないぞ。我慢してコロレドに従いなさい。

(モーツァルト)
でも父さん、ウィーンは僕にとってチャンスなんだ。

(レオポルト)
チャンスだと?今までも散々チャンスを与えてやったのに、お前は全て無駄にしたじゃないか。
旅にも出して、色んな人に会わせて、だが無駄だった。
それに母さんだって。お前は母さんを見殺しにしたんだ!

(モーツァルト)
違う!

(レオポルト)
お前のせいで死んだんだ。彼女は私の一部だったのに。

(モーツァルト)
父さん。僕はずっと父さんに認められようと努力してきた。
失望させたなら悪かったよ。
だけどもう言いなりにはならない。

(レオポルト)
ヴォルフガング

(モーツァルト)
この3年間ずっとあの暴君にこき使われてきた。

(レオポルト)
ヴォルフガング!

(モーツァルト)
もううんざりだ!
僕はウィーンに行く。これは僕と、僕の音楽のためだ。

(コロレド)
待て、モーツァルト
たとえウィーンでも、私の王室以外で演奏することは許さない。

(モーツァルト)
陛下!どうかお許しを!

(コロレド)
キッチンに戻れ。使用人達のいる所、そこがお前の居場所だ。

(使用人達)
さあ大先生、どうぞお掛けください。
ディナーの時間ですよ。
何かご不満で?
楽家は繊細だからな
これを飲むんだ!我々のために!さあ!

Comédie-tragédie (The Clown)

(モーツァルト)
やめろ!
この卑しい腐れ大司教
よく見るがいい、これが最後だ。
僕、ヴォルフガング・アマデウスモーツァルトは、今夜辞職する!
聞こえたか?僕は自由だ!自由なんだ!

Place je passe (Wolfgang Amadeus Mozart)

【ウィーン宮廷】
(ローゼンベルグ)
ドイツ語のオペラだなんて本当か、ステファニー?
馬鹿馬鹿しい!

(ステファニー)
ローゼンベルグ、私はただ事実を伝えただけで...

(ローゼンベルグ)
けしからん!
スラム出身の歌手にでも歌わせるつもりか?宮廷劇場だぞ!
聞いたかサリエリ?ドイツ語のオペラだなんて、きっとこんなだぞ
〈Tatoue-moiのメロディをテキトウなドイツ語で歌う〉
いや、これは特に意味はないんだけど

(案内人)
オーストリア皇帝、ヨーゼフ2世のお出ましだ。我が国の偉大なる...

(ヨーゼフ2世)
もういい、もういい、ご苦労。
皆さんご機嫌よう。

(ローゼンベルグ)
陛下!
ヨーゼフ2世のブランケットの下から女性が出てくる〉
あらお嬢さん

(ヨーゼフ2世)
さあ、話を聞こう

(ローゼンベルグ)
はい陛下。こちらはステファニー、陛下に依頼されたオペラの脚本を担当しております。ほら、お見せして。

(ステファニー)
はい陛下、お納めください

(ローゼンベルグ)
さがって、さがって

(ヨーゼフ2世)
後宮からの誘拐』だって?

(ステファニー)
はい陛下

(ヨーゼフ2世)
面白いタイトルじゃないか!

(ステファニー)
陛下、それはそれは楽しいお話ですよ。

(ヨーゼフ2世)
良いじゃないか。それで、曲は誰がつけるんだ?

(ステファニー)
ヴォルフガング・モーツァルトが良いかと。
ウィーンで話題の若くて才能ある作曲家です。
もう今はどこに行っても皆んなモーツァルトモーツァルトと...

(ローゼンベルグ)
ドイツ語でオペラを書くんだとか言ってる馬鹿な若造ですよ

(ステファニー)
そう、彼はドイツ語のオペラを書くと!
どうかご検討ください陛下。

(ヨーゼフ2世)
サリエリ、君はどう思う?

(サリエリ)
馬鹿ですがたしかに才能はあります。

(ローゼンベルグ)
サリエリ

(サリエリ)
しかしまだ若く経験が浅いので、そこは考慮したほうがよろしいかと

(ヨーゼフ2世)
決めた!モーツァルトに作曲を任せよう!
皆ご苦労だった!
ローゼンベルグ、この件は君に任せたぞ。

(ローゼンベルグ)
はい陛下

(ヨーゼフ2世)
頼りにしてるからな〜

(ローゼンベルグ)
分かりました

(ヨーゼフ2世)
さあ、初演の準備だ!

(ステファニー)
〈『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』のメロディで歌いながら〉モーツァルトに決まりだ〜 モーツァルトに決まりだ〜

(ローゼンベルグ)
気は済んだか?
いつまで歌ってるつもりだ?もしもし?

(ステファニー)
あ、ごめんなさい、終わりました終わりました!

ウェーバーの宿屋】
(セシリア)
ヨゼーファ、2階のシーツを替えてくれない?

(ヨゼーファ)
はいお母さん

(セシリア)
コンスタンツェ?...コンスタンツェ!

(コンスタンツェ)
はーいお母さん!

(セシリア)
ホーファーさんのシャツは用意できたの?

(コンスタンツェ)
今やってるとこ!

(セシリア)
急いで!待たせてるんだから!
ええと、2、4、6、8... 数は合ってるわね。
シャツは持ってきた?

(コンスタンツェ)
はいどうぞ!

(セシリア)
さあ行った行った、さっさと出てって。
コンスタンツェ、何やってるの?
仕事が山ほどあるんだから。

(コンスタンツェ)
もう十分働いてるでしょ?
私は召使いじゃないんだから。
誰か雇えばいいでしょ!

(セシリア)
そんな金がどこにあるって言うの?
本当に馬鹿なんだから。
父さんは死んで、アロイジアは結婚して歌をやめちまったんだから、私は死ぬまで宿屋で働き詰めだよ。
なのにあんたはなんだい?
すぐ疲れたとか言って休むんだから!ちょっとは考えなさいよ!

Si je défaille (Constanze)

(ゾフィー)
ねえ、ヴォルフガングよ!
来てくれたの!

(セシリア)
あらヴォルフガングじゃない!
私達から逃げてったのを後悔してるんじゃない?マンハイムで私達を捨てたことをさ。

(モーツァルト)
それはもう!後悔してますよ!

(セシリア)
言い忘れてたけど、アロイジアは結婚して有名になって、今は絶好調よ。もうすぐ子供も産まれるの。

(モーツァルト)
子供が?

(セシリア)
ええ。それで私達には何の御用?

(モーツァルト)
えっと、部屋を借りたいんです

(セシリア)
いいわよ、でも勘違いしないでよね。
うちには娘がまだ3人いるけど、アロイジアの代わりを探そうなんて思っちゃダメよ。
それから、あんたは私のタイプじゃないから。

(ゾフィー)
聞いたわよ!

(ヨゼーファ)
コロレドのところから出てきたんですって!?

(ゾフィー)
しかも皇帝からオペラを依頼されたんですって!?

(ヨゼーファ)
それにまだ結婚してないのね!

(ゾフィー)
それに...

(コンスタンツェ)
ちょっと!少しは休ませてあげてよ!
...顔色が悪いんじゃない?

(モーツァルト)
そう?

(コンスタンツェ)
私が面倒見てあげる

Si je défaille (Sophie and Josepha)

【リハーサル会場】
(ローゼンベルグ)
急げステファニー

(ステファニー)
楽しみですね

(ローゼンベルグ)
まったく退屈だよ

(ステファニー)
ちょっとだけ見てきてもいいです?

(ローゼンベルグ)
何を見るって言うんだ?まだリハーサルは始まってないんだぞ。

(ステファニー)
そうですけど...

(ローゼンベルグ)
モーツァルトはまだ来てないのか?奴はどこにいるんだ?

(ステファニー)
まだ来てないですけど...

(ローゼンベルグ)
はやく行け!お前といるとイライラする!
〈リハーサル会場で騒ぐモーツァルト
おい嘘だろ... サリエリ、これは見ない方がいいぞ。
やっぱり後で来れば良かった。

(サリエリ)
ステファニー

(ステファニー)
はい

(サリエリ)
モーツァルトはどこだ?

(モーツァルト)
コンスタンツェ!キスしてくれるって言ったじゃないか!

(コンスタンツェ)
捕まえてみなさい!

(カヴァリエリ)
モーツァルト!準備できたわよ!
待ってるんだけど!

(モーツァルト)
分かったよ、カヴァリエリ。
そんなに僕のことを待ってくれてるなんて!

(ステファニー)
あのすみません...

(モーツァルト)
よし!始めよう!

(ローゼンベルグ)
はやくしろ!

(モーツァルト)
さて、10番のアリアから始めようか。

(サリエリ)
モーツァルト。ローゼンベルグと私は皇帝の命令で視察に来た。ここで君の能力を判断するようにと。
だが見たところ、陛下はこの件を考え直すだろうな。

(ローゼンベルグ)
どうも!

(モーツァルト)
曲も聴かずにどうやって判断するって言うんだ?

(ローゼンベルグ)
曲か、曲ねぇ、君の曲は音が多すぎるんだよ!
あんなんじゃオーケストラが演奏できないだろ?あ?あ?あ?

(モーツァルト)
音が多すぎるって?

(ローゼンベルグ)
そう言ったんだ

(モーツァルト)
そんな馬鹿な、決めつけだ!

(ローゼンベルグ)
もう頭にきたぞ。我慢できない。
サリエリ、あとは頼んだ!

(サリエリ)
お見事、第一印象は完璧だな。
君の音楽がその自信に値するものであることを祈るよ。

(モーツァルト)
待ってくれ、サリエリ
君は音楽家だね?
あげるよ、僕には必要ない。

〈『後宮からの誘拐』から10番のアリアの演奏が始まる〉

Le bien qui fait mal (Antonio Salieri)

(モーツァルト)
大先生、音が多すぎるって?

(サリエリ)
モーツァルト、私の助言を聞きたまえ。
身の程をわきまえろ。
君とは良い関係でいたい。

(モーツァルト)
コンスタンツェ!

(コンスタンツェ)
ヴォルフィー!

(モーツァルト)
コンスタンツェ!もうキスしていい?

(コンスタンツェ)
いいよっ!

(セシリア)
この悪党が!

(コンスタンツェ)
お母さん!

(セシリア)
この馬鹿娘が!はっきり見たからね!
なんてはしたない!

(モーツァルト)
セシリア、いやお母さん、いやご夫人!
それは誤解です!

(セシリア)
本当かい?誓うね?
ヴォルフガング、あんたはうちの恥晒しだよ!
人様の前であんなはしたないことをして!
ウィーン中の恥だよ!
今までの苦労が全部水の泡だ。
可哀想なコンスタンツェ。
死んだ父さんが見たらなんて言うか...

(コンスタンツェ)
お母さん、そんな!

(セシリア)
うるさいね!どっか行っちまいな!

(コンスタンツェ)
嫌だね!

(セシリア)
この厄介者が!

(コンスタンツェ)
ヴォルフガング!

(モーツァルト)
僕がいなくなれば良いんだろ

(コンスタンツェの義父)
待て小僧、そう簡単に逃げられると思うなよ!

(モーツァルト)
逃げるですって?

(コンスタンツェの義父)
逃げたら警察を呼ぶからな!

(モーツァルト)
警察?そんな!誰なんですかあなたは!

(コンスタンツェの義父)
私は、この子の保護者だよ!

(セシリア)
あなた、来てくれてありがとう

(コンスタンツェの義父)
この家族の恥はどうにかしなくちゃならんぞ。

(モーツァルト)
どうしろって言うんですか

(コンスタンツェの義父)
これにサインしろ。
結婚契約書だ。

(モーツァルト)
結婚契約書!?
でも父さんが何て言うか!

(セシリア)
この詐欺師め!また父親を言い訳にするのか!

(コンスタンツェの義父)
うちのコンスタンツェ・ウェーバーと3年以内に婚約するんだ。さもないと300フローリンの罰金をセシリアに支払うことになる。

(モーツァルト)
そんな!

(セシリア)
ああ、そうね。それがいいわ。

(コンスタンツェの義父)
分かったか?

(モーツァルト)
これがあんたの罠だってことは分かったよ!
奥さん、どうぞよろしくお願いします。

(コンスタンツェの義父)
さあモーツァルト、サインするんだ
モーツァルト、契約書にサインする〉

ザルツブルク
(ナンネル)
お父さん!大ニュースよ!「皇帝陛下の依頼により、モーツァルトはオペラ『後宮からの誘拐』のリハーサルを始めました。この作品はきっとウィーン中から大喝采を受けるでしょう」ですって。
お父さん、ヴォルフガングはこれで有名になれる!
...どうかした?

(レオポルト)
ヴォルフガングがコンスタンツェ・ウェーバーとの結婚の許可を求めてきた。
アロイジアの妹だよ、あの邪悪な家族の罠にハマってまた道を踏み誤ったんだ。
だが私が生きている限り絶対に結婚なんかさせないぞ!

(ナンネル)
どうして?コンスタンツェはきっと良い人よ。
ヴォルフガングか彼女を愛してるなら、どうして彼らの幸せを願ってあげないの?

Les solos sous les draps (Constanze, Nannerl and Leopold)

〈ウィーン〉
(モーツァルト)
コンスタンツェ、なんてことをしてくれたんだ。
君があの母親の手先だったなんて

(コンスタンツェ)
私を疑うの?

(モーツァルト)
今は誰も信じられないよ

(コンスタンツェ)
ヴォルフガング、私はあなたを愛してる。世界中の誰よりも!
あなたがいつか私と結婚してくれるなら、あんな契約書なんていらない。

(モーツァルト)
それだけじゃだめなんだ

(コンスタンツェ)
これ、何だか分かる?
今朝お母さんから盗んできたの。
これが私の気持ち。
〈コンスタンツェ、契約書を破り捨てる〉

(モーツァルト)
コンスタンツェ・ウェーバー、僕と結婚してくれませんか?

Les solos sous les draps (Constanze, Nannerl and Leopold)

(ローゼンベルグ)
はやく片付けろ、まったく馬鹿馬鹿しい。
分かってる分かってる、奴になんか任せるべきじゃなかった。
モーツァルトの新作オペラは今夜が初演だ。
あの厄介者の音楽をウィーン中が待ち侘びてる。一大イベントだよ。
まったくサリエリも馬鹿だね、あいつも何も分かってない。
「ローゼンベ〜〜ルグ、奴の音楽で宮廷中が混乱するぞ〜。そうなれば全て元通りだ〜」とか言って、本当アホなんだから。
でも本当に混乱が起こったら、民衆は大騒ぎじゃないか。
まったく意外だが、たしかに奴の音楽にも耳に残るフレーズはいくつかある。というか、まあ、正直素晴らしいよ。
特にあの序曲なんか。あれには不思議な魅力がある。
聴いてくれ、こんな感じだ。
〈『後宮からの誘拐』から序曲を歌うローゼンベルグ、そこにサリエリ登場〉

(ローゼンベルグ)
わぁ!!!
サリエリじゃないか!
脅かさないでくれよサリエリ

(サリエリ)
なあ、ローゼンベ〜〜ルグ
そんなにモーツァルトの音楽が好きなのか?

(ローゼンベルグ)
まさか!まさか!逆だよ!
あれは罵る意味で歌ってただけだ!

(サリエリ)
罵る意味でねえ

(ローゼンベルグ)
そう!あまりに腹立たしくて!

(サリエリ)
腹立たしくてねぇ

(ローゼンベルグ)
そうそう!
それに、今夜は『後宮からの誘拐』の初演だろ。
モーツァルトが成功するのは許せない。
そこでだ、皇帝の前の座席に私の友人に座ってもらうことにした。
上演中そいつらにオペラを非難させるんだ。

(サリエリ)
ではそうしたまえ

(ローゼンベルグ)
はいもちろん!

【サロン】
(客人)
あぁ楽しかった、本当に良かったよ
ねえちょっと皆んな聞いて
モーツァルト!あなたのオペラは本当に素晴らしかったわ!

(モーツァルト)
ありがとう!ありがとう!

(客人)
ローゼンベルグサリエリが顔真っ赤にしてたな

(コンスタンツェ)
本当に誇りに思うよ

(ステファニー)
さあ皆んなで成功のお祝いだ!

(客人)
君の演技も素晴らしかったよ

(ダ・ポンテ)
すみません、すみません!
モーツァルトとお話ししたいのですが

(モーツァルト)
僕がそうです

(ダ・ポンテ)
私はロレンツォ・ダ・ポンテ。宮廷で作家と詩人をしている。

(モーツァルト)
ロレンツォ・ダ・ポンテか。
知ってるぞ、サリエリの曲に詞をつけてる作家だな。
お会いできて光栄です。
それで、僕に何の用だ?

(ダ・ポンテ)
君の曲に詞をつけさせてほしい
だがタイミングが悪かったようだな
また明日来るとしよう

(モーツァルト)
いや、ダ・ポンテ、待ってくれ
皆んな、僕の音楽の才能が返り咲いたぞ!
先に行っててくれ、ディナーの準備はできてる
話を聞かせてくれ

(ダ・ポンテ)
ああ、君にちょっとした喜劇の台本を持って来たんだ。カルロ・ゴルドーニの台本だ。きっとウィーンで大成功する。

(モーツァルト)
もっと良いのがあるよ。
フィガロの結婚』だ

(ダ・ポンテ)
ボーマルシェの戯曲か。
だがウィーンでの上演は禁じられてる、君も知ってるだろう。

(モーツァルト)
ああ、だから君が説得してくれないか?

(ダ・ポンテ)
皇帝に直談判なんてできるわけないじゃないか。
彼は絶対に意見を変えようとしない。
それにフランスではこの戯曲が発端で事件まで起きたんだ。
今じゃ革命の噂がヨーロッパ中を駆け巡ってる。

(モーツァルト)
でもフィガロじゃなきゃ駄目なんだ

(ダ・ポンテ)
なら私なしでやってくれ。
従者が思想を説いて貴族を嘲る戯曲なんて、
観客はきっと顔をしかめるぞ。

(モーツァルト)
ダ・ポンテ!
僕はこの作品で革命を起こすつもりはない、人間の情熱を表現したいだけだ。
フィガロには心を揺さぶられる何かがある。
彼は自由を求めて抵抗する男なんだ。
君の才能と僕の音楽があればきっと成功する。
頼むよダ・ポンテ!お願いだ!

【宮廷劇場】
(案内人)
今夜、皇帝ヨーゼフ2世は宮廷劇場にて、ダ・ポンテとモーツァルトによる全4幕のオペラ『フィガロの結婚』のリハーサルをご覧になる。
〈無音でバレエを踊る人達〉

(ヨーゼフ2世)
どういうことだ?オーケストラはどうした?
誰か説明してくれ。
ダ・ポンテ、これはどういう意味だ?

(ダ・ポンテ)
私は陛下の意に従ったまでです

(ヨーゼフ2世)
私の?
もういい、やめたまえ

(モーツァルト)
ローゼンベルグがフィナーレのダンスシーンを削除したんです。
陛下は宮廷劇場でのバレエの上演を禁じられているとかで。

(ヨーゼフ2世)
ローゼンベルグ

(ローゼンベルグ)
はい陛下

(ヨーゼフ2世)
なんて馬鹿げたことをしてくれるんだ

(ローゼンベルグ)
陛下、私はただバレエの上演は許可しないという古き伝統に従っただけで

(ヨーゼフ2世)
なら新しい伝統を作ろうじゃないか。
私はバレエが観たいんだ。分かったか?
サリエリ、頼んだぞ。

(サリエリ)
しかし陛下、それは認めかねます

(ローゼンベルグ)
だがサリエリ

(ヨーゼフ2世)
もういい!
ローゼンベルグサリエリ、なんとかしろ!

(サリエリ)
モーツァルト

(モーツァルト)
はい?

(サリエリ)
フィナーレに音楽を戻したまえ

(モーツァルト)
ああ、そうするよ。
ありがとうサリエリ

(ローゼンベルグ)
何やってるんだ!気でも狂ったか?
計画が台無しじゃないか!

(サリエリ)
だがあのままじゃ私達2人ともまずかっただろ

(ローゼンベルグ)
それで皇帝の目の前でモーツァルトに負けを認めたわけか。
ほんと気が利くな。

(サリエリ)
分かってないな、ローゼンベルグ
モーツァルトはいずれ負ける。
フィガロは貴族階級を侮辱した作品だ。
きっと奴は怒りを買うぞ、すぐ大騒ぎになる。
よく聞くんだ、サロンで噂を広めろ。
出演者達の間で対立を起こすんだ。
必要なら買収しても構わない。
機が熟せば皇帝も自然と私達の意見を聞くようになるだろう。

(ローゼンベルグ)
たしかにな、その通りだ

(サリエリ)
信用して良いな?
行きたまえ
サリエリ、一人取り残される〉
だがたしかに、彼の音楽は、素晴らしい...

L'assasymphonie (Antonio Salieri)

【サロン】
(コンスタンツェ)
フィガロよ永遠なれ!
アロイジア?アロイジア!

(アロイジア)
コンスタンツェ!

Vive les noces de Figaro (Constanze and Aloysia)

(ローゼンベルグ)
フゥ〜!
私も仲間に入れてくれよ。
ちょっとしたニュースを持ってきたんだ。
フィガロの結婚』は打ち切りだ。
広告を下げたまえ。これは皇帝の命令だ。

(コンスタンツェ)
そんなの嘘に決まってる!
皇帝が彼をそんな風に裏切るわけない!

(アロイジア)
あなた、モーツァルトの悪い噂を広めてたの知ってるわよ!

(セシリア)
ヴォルフガングはウィーン1の作曲家なんだよ!

(客人)
そうだ!

(ローゼンベルグ)
何なんだこの酔っ払い女は。
今じゃモーツァルトは無名もいいとこだ。
明日には職も失うだろうな。
もはや誰にも必要とされない。
聞いたか?誰にも!誰にもだ!

モーツァルト宅】
(ダ・ポンテ)
モーツァルト、こんな終わり方じゃだめだ。
ドン・ジョヴァンニが地獄に引きずり込まれるなんて。
最後は高音で締めるんだから。
もっと明るい最後にしよう。
フィガロの結婚』での失敗を取り戻すんだ。
民衆の心を掴まなきゃ。

(モーツァルト)
民衆が何だ。
自分達の都合よく君を貶したり誉めたりする連中だろ。

(ダ・ポンテ)
気持ちは分かる。でもリハーサルは3ヶ月後なんだぞ。
まだ第1幕すら完成してないじゃないか。
ヴォルフガングどうかしたのか?
さっきから上の空だぞ。

(モーツァルト)
父さんが病気なんだ。
嫌な予感がする。

(ダ・ポンテ)
でも君に何ができるって言うんだ

(モーツァルト)
明日ザルツブルクへ発つよ。
姉さんと一緒に父さんの看病をする。

(ダ・ポンテ)
もう遅い。
過去に縋り付くのはよせ。

(モーツァルト)
なんてこと言うんだ!
僕の父さんだぞ!
僕に何もかもを授けてくれた父さんだ。

(ダ・ポンテ)
君の才能は別だろ。
頼むから仕事を続けてくれ。

(モーツァルト)
才能だって?
ダ・ポンテ、父さんは幼い僕に愛を教えてくれた。
愛と、人生を懸けた音楽への情熱を。

Dors mon ange (Nannerl)

(モーツァルト)
ダ・ポンテ、父さんが死んだよ

(仮面の男)
モーツァルト

(モーツァルト)
...何の用だ?

(仮面の男)
何も訊くな。
私はある男の遣いでここに来た。
君の才能を心から信頼している男だ。

(モーツァルト)
何が望みだ?

(仮面の男)
君に鎮魂歌の作曲を依頼したい

(モーツァルト)
レクイエムか。だけど誰のために?

(仮面の男)
それはお前には関係ない。
前金の100ダカットだ。残りは完成後に支払う。
最善を尽くしてくれ。
依頼主はとても耳の肥えたお方だ。

(コンスタンツェ)
100ダカットも!ヴォルフガング!
これで生活できる!

(モーツァルト)
いや、コンスタンツェ。
あいつはこの世の者じゃない。
あの世から終わりを告げに来たんだよ。

【ウィーン宮廷】
(ローゼンベルグ)
そしたら私の妻が言ったんだよ「あなたは素晴らしいわ」って。
もう笑っちゃうよ、本当に楽しいね。
さあ皆んな、祝杯を挙げよう。
私の友人であり偉大なる作曲家、アントニオ・サリエリがこの度、宮廷礼拝堂聖歌隊の楽長に任命された。

(貴族達)
おめでとう大先生!

Victime de ma victoire (Antonio Salieri)

モーツァルト宅】
(コンスタンツェ)
ヴォルフガング、風邪引いちゃうでしょ。

(モーツァルト)
大丈夫だ。
できたよ、聞いてくれ。
書くんだ。
ラクリモサ、涙の日。
はじめはニ短調、ディエス・イレの最後と同じだ。
そして3小節目から主旋律が始まる、記号はレガート。
ラ ファ レ レ ド
ここで希望の光が差し込むようにコーラスが入る。
シとドに本位記号。
全音階から半音階になる。
...もうだめだ
僕の音楽は天をも越えていく

(代筆者)
先生?

(噂話をする貴族達)
哀れなモーツァルト
奴はずっと家にいるらしいな。
どんどん不健康になって「死神がレクイエムの作曲を依頼しに来た」とか言っているらしい。自分の葬儀のためのレクイエムを作曲してるんだよ。
自分の葬儀のためのレクイエム?
そんな馬鹿げてる!
ダ・ポンテ、君もそう思うだろ?
モーツァルトのことを悪く言うのはやめてくれ。聞いている私まで辛くなる。

(モーツァルト)
コンスタンツェ...

(コンスタンツェ)
ヴォルフガング!

Requiem - Lacrimosa (Caterina Cavalieri)

(コンスタンツェ)
何しに来たの?
どこから入ってきたのよ!

(サリエリ)
ご主人が病気だと聞いたもので
何か手助けはできないかと

(コンスタンツェ)
できるわけないでしょ
私達にあんな酷いことしておいて!

(モーツァルト)
あぁ、サリエリ
元気だったかい?

(コンスタンツェ)
ヴォルフガング、起きちゃだめ。
寝てて。
お願いだから帰って。
今はそんな場合じゃないの分かるでしょ?
帰ってよ。

(モーツァルト)
サリエリ
サリエリ...
僕はきっとこのレクイエムを完成させられない

(サリエリ)
そんなことないさ、モーツァルト
きっと良くなるよ。

(モーツァルト)
いや、僕には分かるんだ。
死がもうすぐそこまで来てる。

(コンスタンツェ)
ヴォルフガング、そんなこと言っちゃだめ!
絶対に良くなるんだから!
医者を呼んでくる

(モーツァルト)
待って、コンスタンツェ。
その必要はないよ。
ジュースマイヤーを呼んできてくれ。
彼ならきっとこのレクイエムを完成させられる。
作曲に必要な物は全て机の上に揃ってるから。
お願いだ、行ってくれ。

Vivre à en crever (Wolfgang Amadeus Mozart and Antonio Salieri)

【閉幕】